通信制高校から医学部を目指すことも可能

ただし努力は必要

通信高校だって医学部に行ける : ただし努力は必要 : 通信高校は医学部受験を全面サポートします

これは通信の高校になると、その高校の考え方によっても異なりますが、かなり個人のレベルに対応した内容となる事が多くなります。
というのは通信は個人との情報のやり取りが必ず行われるようになりますから、当然そのレベルに合わす必要が出てくるという事があるからです。
医学部を目指しているような人がいる時に、その生徒に一般の生徒と同じ情報で対応していては、折角の通信のメリットを活かすことにはなりません。
個別に情報を送る事が出来るからこその通信システムなのですが、これを上手く活用すれば当然効率的に自分のレベルを上げる事が出来るようになるという事になります。
つまり、これからの時代は通信制高校などのような通信をするところが圧倒的に有利になる時代という事になるわけです。
通学という極めて非効率的な事をしていては、まずこうした人達に後れを取る事になるので勝てない時代になると考えた方が良いでしょう。
既にもうそうなっているところがいくらでもあります。
当たり前のことではありますが、医学部の受験は成績順に良い方から取られていくというシステムで、どこを卒業しているのかという事は全く関係がありません。
という事は、どこで学んでいるのかという事では無く、何を学んでいるのかという事が重要になるという事です。
とすれば、常に自分のレベルにあった講義なり教育なりをしてくれるところの方が断然有利になるという事は当たり前だと考えなければなりません。
医学部を目指すというような場合は特に、一般的なところの講義をされても全く意味が無いという事は理解できるでしょう。
ハッキリと言えば時間のロスをしているだけになってしまいます。
当然医学部はハイレベルな人達の競争になりますから、そのような人達との競争において時間をロスしている事の意味が分かるでしょう。
どんなに優秀な人でも無駄に時間を過ごしていてはまず勝てることはありません。